« よいカップルの空気 | トップページ | 3人の新入り下宿生 »

ワーカホリック・ライフをささえた美食

Cimg3364_2

上海で雑誌のしごとをしていた時代、
食事は昼・夜2食とも出前、という日が続いていました。

そんな味気ない食生活でも、
シゴト、シゴトのわたしには、食事は相当の楽しみ。

なかでもイチバンお気に入りだったのが
近くの広東料理屋から出前していた、
「ひき肉とインゲンのオリーブ菜炒め」。

広東地方特有の漬けもの「オリーブ菜」は、
カラシ菜をオリーブとともにオイルに漬けこんだ、
ちょっぴり洋の香りがする調味料。

生姜と葱を薬味に、
みじんにしたインゲン、ひき肉と炒めあわせ、
砂糖・お酒・醤油で味を調えます。

これをアツアツのご飯にのっけて食べると……
腹12分めまでご飯が進むこと、うけあい!!

今回はインゲンのかわりに万願寺唐辛子を使いました。
青唐辛子の苦味がアクセントになって、サイコウの夏の味!

|

« よいカップルの空気 | トップページ | 3人の新入り下宿生 »

こころの栄養★美味美食」カテゴリの記事

コメント

とても美味しそう!
早速唐辛子好きな私にはかなり気になるレシピです。

ちなみに、青唐辛子を使った私の定番レシピ”唐辛子味噌”をご紹介。
1. 青唐辛子を刻み、炒める。
2. 1にみりん少々と味噌を加えて混ぜる。
3. 完全に冷めたらタッパーに入れて冷蔵庫へ。(1週間は日持ちするよ。)

これでご飯3杯はぺろっと食べられてしまう私です。

投稿: mouri yuka | 2007年9月10日 (月) 10時41分

>yukaさん
さっそくコメント、ありがとうね!

同じ青唐辛子好きを見つけてウレシーーー☆
紹介してくれたレシピも、
さすが信州出身のyukaさんらしいレシピー!
ご飯3杯はナットクナットク。

投稿: nikita | 2007年9月10日 (月) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451301/7870619

この記事へのトラックバック一覧です: ワーカホリック・ライフをささえた美食:

« よいカップルの空気 | トップページ | 3人の新入り下宿生 »