« 異国のおもいで便り -その1- | トップページ | ひとしごと! »

マグカップの友~異国のおもいで便り -その2-

Cimg3466

昨日届いた上海からの小包には、
おいしいものがほんとうにいろいろ入っていました。

そのなかでも、こころを癒してくれそうなひと品と言えば、コレ。

リプトンの“すっきり”ティーバッグ。

レモンピール×ミント×緑茶のくみあわせ。
上海時代は家にもオフィスにも常備して、
頭をスッキリさせたいときや、気分転換したいときに、
マグカップにジャブジャブつくって飲んでいました☆

日本でも、発売すればいいのにな!

■その他、戦利品リスト
・5種のナッツ(ゴマ、かぼちゃの種、ピーナッツなど)のおこし
・フリーズドライのカリカリなつめ
・少林寺クッキー(ピーナッツ/くるみ入りの中華式クッキー)
・オリーブオイル風味のカラシ菜漬け
・世界三大ハムのひとつ、金華ハム
・リプトンの粉末ミルクティ

■おまけ
上海の妹分が、わたしのダイスキなアイドルのDVDを送ってくれました!
日本未公開版♪
遠く離れていても、
「喜んでもらえるだろう」と想ってくれている友情にジ~ン。

Cimg3467

|

« 異国のおもいで便り -その1- | トップページ | ひとしごと! »

こころの栄養★美味美食」カテゴリの記事

コメント

Jayだ!いいな〜〜 いいな〜〜〜〜〜〜
でも字幕無いとわからんので、見ても意味ないですな・・・あたしは。
上海からの贈り物は懐かしい感じだね。
あたしは居た期間は短いけど、今でも「上海」の文字や映像を見ると
不思議な気持ちに包まれます。
でも、やっぱりもう戻らないでいい場所かな。
たまに友達に会いに行きたいって感じです。

投稿: kanzo | 2007年10月10日 (水) 13時36分

>kanzoさん
そう! kanzoさんにも貸そうと思ったんだけど、
言葉がわかんないよねー。
わたしもきっと今となっては6割わからないんじゃないかな?

上海の日々って、忘れがたい思い出だけど、
幻みたいな気がしますね。
幻だからこそ、いいんでしょうね。
そのまま、大切にとっておきます!

投稿: nikita | 2007年10月10日 (水) 18時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451301/8295010

この記事へのトラックバック一覧です: マグカップの友~異国のおもいで便り -その2-:

» 自分の食事しか食べないこころは、やがて栄養不足になって衰弱し、創造的、進歩的に考えられなくなる。他の人の刺激こそが精神の栄養剤である。                     ダビッド・J. シュワルツ, [書き留めておいた素晴らしい言葉]
組織というものはやたら、仲良しグループの集まりになり、そして、その中での情報交換の場になることが多く、自我を抑えながら、常にその中のリーダーの考えに迎合するように行動することになる。我々の体は、栄養を与えると健康を保てるように、こころにも栄養を与えないと健全な生活を保つことは出来ないと思う。心の栄養を得るために、組織から離れて自由になってはいかがかと思う。最近うつ病の患者がふえていると新聞での報道を聞くが、心の栄養が不足しているのだと思う。 ... [続きを読む]

受信: 2007年10月10日 (水) 01時30分

« 異国のおもいで便り -その1- | トップページ | ひとしごと! »