« 月の不調 | トップページ | マニキュアは、元気のしるし »

働きウーマンの心得

51mnpz3wh3l__ss500__2

きもちを癒してくれるような作品ではないので、
このブログに紹介するにはふさわしくないかもしれませんが、
最近、夢中になって読んでいるのが「働きマン」。

しごとをするということ。おとなであるということ。

休職前のわたしは、職場でいろいろときついことを言われ、
それが言われのないいじめと感じることもありましたが、
この漫画を読んで、
「ああ、わたしがあるべき姿は、これだったのかなぁ?」
と、自分がイメージ不足の甘ったれだったということを
じんわり思い知らされました。
自分のすべきこと、求められていることに対して、
あまりにもぼんやりしすぎていたのだと思います。
周囲から見ていると頼りなくて無責任で、
黙っていられなかったのでしょう。

それなのに、あれしきのことでこころのバランスを崩したわたし。
そう言われても、しかたがないんだな、なんて
職場から離れて5ヶ月も経っていまごろ気づいたり。

しごとをするということ。おとなであるということ。

この漫画は、プロであることの心構えを
痛いほど、教えてくれます。

(同業のわたしには、耳が痛い作品です)

|

« 月の不調 | トップページ | マニキュアは、元気のしるし »

こころの栄養★本・映画・CD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 働きウーマンの心得:

« 月の不調 | トップページ | マニキュアは、元気のしるし »