« ちっとも体重なんて減りやしない | トップページ | これぞ、ウツの入門書! »

復職後、初の診察

Cimg3044

ここ最近はみるみる力が湧いてきて、体調もよくなるばかり、
どこも悪いところが見当たらない。

今日は2週間ぶり、しごとをはじめてから初の診察日。

元気な報告ばかりがぽんぽん飛び出してくるわたしの、
その発言を、主治医の先生は100%の事実とは受け取っていない様子。
さすがプロです。
主治医の先生はわたしを諌めるようにいろんな角度から質問を投げ、
わたしが自分自身、気づいていなかった
自分のほんとうの状況や、本心をひきだしてくれる。

そんななか思わず、
自分の口から出ていた言葉に自分でびっくり。

「わたし、もうもとの自分に戻れるとは、まったく思っていません。」

自分のなかに不安とか、自信のなさとか、あきらめとか、
そんなネガティブな思いが、気づかぬうちに潜んでいる。
いえ、気づいてはいるのかもしれなくても、
それを見ないふりをしているのかもしれない。

そう考えてみれば、
いまの自分はあらかた元気とはいえ、
まだどこかで、こころや頭に障害を抱えていることにも気づきました。

とても元気だけれど、
それは以前の自分とはもう、完全にちがう自分になっているということ。

診察の後、ひさしぶりに、涙がにじんできました。

そういえば、以前は診察のたびにやりきれなくなって、号泣していたっけ。

|

« ちっとも体重なんて減りやしない | トップページ | これぞ、ウツの入門書! »

症状をふりかえって」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451301/8955051

この記事へのトラックバック一覧です: 復職後、初の診察:

« ちっとも体重なんて減りやしない | トップページ | これぞ、ウツの入門書! »