« 怒涛の年末進行 | トップページ | さびしいときの男トモダチ »

清く正しく、ゆるくいこう! 2008

夏の終わりから、どんなに眠くても疲れていても、
毎日欠かさなかったブログを1週間、お休みしているあいだに
清けき新年を迎えました。

ブログだけではなく、
この年末はいろいろことがぐちゃぐちゃになったまま、
なんとも中途半端に年明けのときを迎えてしまったのですが、
それはそれで、意味のあることとして受け止めておきます。
(理由はこのあとに。)

年末最後の一週間は毎日が残業続き、
とはいってもせいぜい2時間、3時間という単位だったのですが、
現在、うつ病もちのわたしにとってはもう必死、必死のひとことでした。

そして迎えたしごと納めの夜、
今度は39.5度という高熱に見舞われ、ダウン。
もう、こうなったら溜まっているブログも放置し放し、
おまけに大掃除をする元気まで奪われ、
部屋は埃だらけの散らかり放題、
ここまできたらあとはどうでもいいや、と
なんと、お風呂にも入らず元旦の今日を迎えることになりました。

心身ともに清廉潔白な感じでピリッと新年を迎えたい
日本人のわたしにとっては、なんとも不本意な年の明けです。

けれども、こうなったからには、
決して「不本意」などと思わず、
「こういう年もあるよね」と開き直って、
ゆるりといい加減に過ごすことに決めました。

というのも、
わたし自身、いままであまりにもたくさんの
「~ねばならない」に縛られて生活してきた気がするのです。

「~したい」「~しよう」ではなく、「~ねばならない」。

すませるべきしごと、
自分から望んでしているはずの遊びの計画、
終映前に見ておきたい映画、
友人に会う約束、
そんなことから、
部屋の掃除のしかた、
歯磨きの順番、
下着のたたみかた、などといった小さなことまで、
わたしのやることなすことといえば、ほとんどすべて、
「~したい」「~しよう」ではなく、
「~ねばならない」に基づいて動いてきた気がするのです。

そして、この「~ねばならない」から外れたことは、
おしなべて「不快なこと」「不本意なこと」に感じてきました。

わたしが昨年患った「うつ病」という病の、
これは、大きな大きな病原体であり、病巣だったのではないかな?
と、考えています。
自分で自分のことを縛っていた、そんな感覚。

この「~ねばならない」から、
自分を少し、解放してあげること。
こうすることで、今後は自分のことを病気の再発から遠ざけてあげないと。
つねづね、そう思っています。

ですから、
今年最初の「~ねばならない」追放運動として、
年末の大掃除やら、新年の決意、などといった
“義務”を踏み倒してやりました☆
踏み倒してもへっちゃらな自分、上等!

さて、それでも少しは新年らしいこともして過ごしました。

今年はじめて、わたしは「おとそ」というものをいただいてみたのです。

「おとそ(漢字では“お屠蘇”)」というお酒は、
けっして舌においしいものではありませんが、
新年にいただくのに、とても意味のあるもののようです。

おとそのはじまりは、
古代中国の名医・華佗が、
自ら調合した十数種の薬草をお酒に浸して飲んだのが
はじまりだそうです。

邪気を屠り(おとその“屠”)、魂を蘇らせる(おとその“蘇”)ことから、
厄をはらい、福寿を招くことを願っていただくのだとか。

はらってほしい厄でいっぱいのわたしは、
今朝がた、いっしょうけんめいに、おとそを飲みました。

さんざんだった昨年の厄年も、やっと越えました。
病気が完治し、あたらしい生きかたの指針を見つけ、
ほんわか幸せである一年を祈って、2008年に臨みます。

|

« 怒涛の年末進行 | トップページ | さびしいときの男トモダチ »

つれづれ」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとう!!
12月はずっと忙しく、あまりお友達の日記やブログを見る時間がなかったけど、今日は愛玉さんのブログを、今朝から読んでいました。
いろいろと頑張っている姿を感じ取れましたよ。
「まぁ、いいか~~!!」と物事に対して思うようにしている私です。
年齢と共に更にエスカレートしているような気がして、それがちょっと怖いですが…
2008年愛玉さんにとって素敵な年でありますように…
今年もどうぞよろしくね。

投稿: amin | 2008年1月 2日 (水) 15時44分

>aminさん
あけましておめでとうございます。
amin家のにぎやかなお正月を思い浮かべながら、
ダラダラ寝正月を過ごしています。
昨年は思わぬ病気に見舞われ、ちょっと災難な1年でしたが、
今年はもうこれ以上悪いことも無いでしょう! と信じて、
毎日幸せでいられるようにガンバリます。
amin一家のすてきな1年も、お祈りしております☆

投稿: nikita | 2008年1月 2日 (水) 15時51分

ねばならないからの脱出。
本当ですね。
私も同じうつですが、
ねばならないからの脱出は重要だと思います。

投稿: いぬくまごろう | 2008年1月23日 (水) 17時55分

>いぬくまごろうさん
コメントありがとうございます★
同じ病気の者どうし、お互い自分をいたわりながら、
幸せな生きかたを模索していきましょうね。
「ねばならない」からの脱出はなかなか難しい道ですが、
やはり認知行動療法とか受けたほうがいいのですかね?

投稿: nikita | 2008年1月24日 (木) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451301/9669166

この記事へのトラックバック一覧です: 清く正しく、ゆるくいこう! 2008:

» 舌の病気と症状 [,清く正しく、ゆるくいこう!]
舌の病気と症状の情報です。 [続きを読む]

受信: 2008年1月 9日 (水) 02時43分

« 怒涛の年末進行 | トップページ | さびしいときの男トモダチ »