« 啓発夢・その3 | トップページ | ヤッタ!! ではなかった減薬・その3 »

啓発夢・その4

過去のつらかった自分を夢に見たことをきっかけに、
過去の自分がどれだけハードワークに耐えてこられたのかを知り、
次に、以前ほどがんばれていない現在の自分に落ちこみ、
そのあと、
戻れない過去に大きく喪失感を抱えたまま
新しい自分に生まれ変わろうとしていなかった自分に気づき、
最後に、「できないことはできない」とやっときちんと認めることができた。

一晩の悪夢にうなされた、
たったそれだけのできごとが、
結果的に、わたしにいろいろなことを知らせ、考えさせてくれました。

うつを再発しないために、
いままでの生きかたも、いままでの自分も見直す、なんて
何度も何度も思い返していたくせに、
結局は、過去の思考枠にはめられたまま、
新しい道を探せずにいたのだな、と気がつきました。

例えば具体的なところでは、
生きていくための糧となる、しごとに対する考え方がそうです。

わたしは、元気になった暁には、
「人並みに」そして「十分食べていけるように」
なおかつ、「生活が安定するように」
再びどこかの会社にきちんと就職して、
毎月固定のお給料をもらって生活していく、

それ以外の選択肢や可能性を考えていなかったのです。

もちろん、以前のような業種や職種にはもう戻れないだろうから、
オーバーワークにならないように、
自分の能力ややりがいを発揮できるしごとを考えねば……
とは思っていましたが、
それはあくまで「会社員になる」という狭い枠の中で、
働きかたの選択肢を探るという思考に過ぎませんでした。

だから、現在している翻訳のアルバイトは、
あくまで「腰掛け」という位置づけにしか考えていなかったのです。
そろそろ水面下で就職活動「しなければ」などと、漠然と考えながら、
やりたいしごとなど何も思いつかない日々を送っていました。

もっともっと心身に健康で、
いままでとはスタイルを異にする、
新しいワークスタイルを見つけるためには、
もっと大胆に違う視点から考えないと!

そう思ったら、
なんだか、みるみる新しいアイディアが湧いてきました。

新しい働きかた(生きかたも含む)を確立することは、
いろいろな物事に対する「グレーゾーン」を増やすことなのではないかな?
と思っています。

いままでのわたしには到底考えつきもしなかったことなのですが、
これは、ひとつの大きなヒントになると思います。

いまのしごとを例えば「基本給」と考え、
つかず離れずで、細く長くつきあう。
そして、いわゆる営業職で言うような「歩合給」的な感覚で、
ほかにできること、もっとやってみたいことを考える。

もちろん、収入面で言えば、
あまり期待のできない状況になるのは致しかたないですが、
自分が求める条件を100%満たすことはそうそうできないものだし、
ここで、諦めることや妥協に甘んじることを学べばよいのです。
賢い取捨選択も必要。

いまの職場とそこそこにつきあう。
これが、第1のグレーゾーン。

そのほかのしごとは、やるときもあり、やらないときもある。
これが、第2のグレーゾーン。

これは、わたしにとって、かなり新しい考えかた。
そして、やってみればできそうなやりかた。

そのために、まずすべきことは、
いまのしごとに100%のちからを注がず、
70%のエネルギーでこなせるように調整すること。

うん、見えてきました!

ずいぶんひどい夢を見てしまったけれど、
この悪夢は、
なんだかとても建設的なアイディアを知らせてくれたようです。(おわり)

|

« 啓発夢・その3 | トップページ | ヤッタ!! ではなかった減薬・その3 »

つれづれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451301/10903015

この記事へのトラックバック一覧です: 啓発夢・その4:

» 職場 うつ・・・産業カウンセラーのお役立ち情報 [産業カウンセラーにできるうつ対策]
助けてください助けてください職場の環境が悪くて職場の環境が悪くて 上司とも同僚ともうまくいかず、辛い毎日を送っています。徐々に自信をなくし、何もやる気が起きません。以前は仕事がものすごく楽しくて、前向きに頑張れたのですが、今ではメンバーが変わって理解者がい..... [続きを読む]

受信: 2008年3月 5日 (水) 19時24分

« 啓発夢・その3 | トップページ | ヤッタ!! ではなかった減薬・その3 »