« 減薬は続行です | トップページ | ただ、ひたすら寝て、食べて…超リアルな闘病記 »

つちのえねずみ

唐突ですが、
旧暦(太陰暦)の新年(2月7日)を迎えてから、
ひと月半あまりが経ちました。

今年(正確に言うと、太陰暦の今年)の干支は、
60年に1回しかめぐってこない、
「つちのえねずみ」です。

太陰暦や干支を発明した中国の考えかたによると、
この年ほど「ことはじめ」に適している年はないそうです。

というのも、「ねずみ」は繁殖の象徴、
あたらしいいのちを産みだすシンボル。

加えて、今年は「つちのえ」。
これは何を示すかというと、文字通り「土」のことなのです。
これは中国の「五行思想」を反映したもので、
世の万物が「木・金・土・火・水」の五要素で成り立っているところからきています。
土=大地は、生命を生み育てる基盤。

つまり、今年は「何かを生み、育てる」星回りに来ていることになります。

ですから、今年新たにはじめたことは、
太陽の光を燦燦と浴びた肥沃な大地に芽生えるいのちのように、
そして、おおいなる繁殖力をもつねずみのように、
大きく豊かに育って、結実するのだそうです。

さて、わたしにとっての今年は、
昨年の病気という挫折を経て、
新しい生きかた、よりよい人生のありかたを模索すべきフェーズに来ています。

そんなときに、時機よくめぐってきたつちのえねずみ。

この幸運を逃さず、
実り多い未来を夢見て、
いろいろなことはじめにあたってみるつもりです。

太陰暦で数えると、
今年はあとまだ10ヶ月半の時間が残されていることになります。

この10ヶ月半が、勝負です!

|

« 減薬は続行です | トップページ | ただ、ひたすら寝て、食べて…超リアルな闘病記 »

つれづれ」カテゴリの記事

コメント

わーい良いこと聞いちゃった♪
Rがもうすぐ幼稚園だからさ、私もスタート気分なんだ。
60年に一度だなんて、知らなきゃ損するとこだった!教えてくれてありがと〜!

投稿: ミチコ | 2008年3月23日 (日) 14時04分

わたしもこの話、いつもかかっているお医者さんに聞いたのです。
ひとりの知識にしておくのももったいないのでブログに書いてみました。
占いってもの自体が信用できるものなのかどうかは置いておいて、
よい話は信じて損することもないでしょう!!

新しいことをはじめるのにはそれなりのエネルギーが必要ですが、
よい運気に乗って、お互い何かをはじめられるといいね。
よい収穫を祈っています!

投稿: nikita | 2008年3月24日 (月) 21時26分

うわぁ、良いお話聞けました。「つちのえねずみ」、覚えておきます。干支って60年サイクルなんですよね。どうも十二支とごっちゃにしてしまいます。

投稿: びみょう | 2008年3月25日 (火) 22時48分

>びみょうさま
こんばんは。ご訪問ありがとうございます。
十二支とは言いますけれど、
例えば「ひのえうまの女性は…」なんて言われるように、
同じ干支でもそれぞれ、違うようですよ。


今年はことはじめに適した年ということですが、
今年スタートしたことを収穫につなげるには、
きっちりと継続することも重要だそうです。

どんな小さなことでもいいと思うのですが、
なにか有意義なことをはじめられるとよいですよね。

お互い、アイディアを絞って、
ステキなことはじめにあたってみましょうよ!

投稿: nikita | 2008年3月27日 (木) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451301/10778406

この記事へのトラックバック一覧です: つちのえねずみ:

« 減薬は続行です | トップページ | ただ、ひたすら寝て、食べて…超リアルな闘病記 »