« 病気が治る≠元気になる、あるいは元に戻る | トップページ | マカフシギ箱庭療法 »

読売連載「うつノート」、またはじまりました

以前にご紹介した読売新聞の不定期連載「うつノート」が再びはじまりました。
今回のテーマは「復職支援」です。

いままでにもすでに、公的機関やNPOなどで
社会復帰のプログラムを設けているところがありますが、
最近では民間企業でもこの問題に取り組んでいるところがあるそうです。

営利目的、というと、
経済的に困窮している場合が多いうつ病患者には
とっつきにくい部分があるかと思いますが、
やはり、お金を取る以上、
責任もってプロフェッショナルなサービスを提供してくれるように思います。

読み進めてみると、患者個人というよりも、
企業をクライアントに展開しているケースが多そうです。
ある程度の規模の企業に勤めていると、
メンタルケアや職場復帰体制はほんとうに充実しているな、と
とてもうらやましく思いました。

患者自身ももちろんのこと、
患者を抱えている企業にとっても、
うつ病患者の職場復帰はとても扱いにくいことがらだろうと思います。
そんなときは、思い切ってプロの手に任せてしまうというのが、
双方にとって有益なのではないかと感じました。

そんなとき、
「お試し出社(リワーク・トライアル)のできる“バーチャル職場”を提供する機関や、
匿名メール1本で職場の悩みを相談したり、
WEB上でストレス状況を定期診断してくれたりする機関があったら、
とても心強いと思います。

今回は、記事で紹介された中でも、
個人単位が利用できそうなサービスをご紹介します。

■都立中部総合精神保健福祉センター
東京都世田谷区上北沢2-1-7
03-3302-7575
通勤訓練・職能回復訓練・再発予防教育で、半年以内の復職を目指す。
※復帰率は80%だそうです。

|

« 病気が治る≠元気になる、あるいは元に戻る | トップページ | マカフシギ箱庭療法 »

こころの栄養★ニュース・情報」カテゴリの記事

コメント

nikitaさん、こんにちは。読売新聞の「うつノート」はとても参考になるんですね。(日経新聞をとっているのでうつノートは読んでいませんが、日経でもうつについての記事はよく掲載されています。)私の勤めている会社でもやっと最近メンタルケアに関心をもってきたという感じで、WEB上でストレス状況を診断するサイトと契約して社員が利用している状況です。ですが、それがどこまで社員に周知徹底されているのか、社員がゆっくり利用できる時間があるのかについては疑問があります。全くうつ病に対して理解のない会社や理解のない上司のもとでは、本当に地獄だと思います。「うつ病」という言葉や症状についての知識は随分広まってきたと思いますが、どれくらいの会社や人が「ではどうすればいいだろうか?」と考えられるのか疑問に思います。そういう意味でも「うつノート」やその他メディアで、どんどん復職支援についての情報を取りあげていってほしいですね。
nikitaさん、やっと週末ですね!!(笑)ゆっくり休みましょうね♪私は来週から6時間勤務になります。よっしゃチャレンジじゃ!って感じです。(←週末でお休みだから強気。単純(笑))

投稿: カエル | 2008年4月12日 (土) 11時54分

>カエルさん
熱心なコメント、ありがとうございます!
この「うつノート」の連載は、毎回すごく反響があるみたいで、わたしも必ず読んでいます。
やはり新聞だと情報が新しいですもんね。
あまり考えたくないですが、もし将来、再発したときの参考になると思って、記事は保存しています。

ところで、わたしの週末は、
家にこもって何もせずにひたすら寝ているときが多いのですが、
今週は友達に会ったり、ダンスの練習に行ったり、
ちょっと動いてみようと思います。
うつ病になってから体重が増えてしまったので。

カエルさんの来週は新しいチャレンジですね。
こころ穏やかに、無理なく乗り切れることをお祈りしています!!

投稿: nikita | 2008年4月12日 (土) 15時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451301/20024723

この記事へのトラックバック一覧です: 読売連載「うつノート」、またはじまりました:

« 病気が治る≠元気になる、あるいは元に戻る | トップページ | マカフシギ箱庭療法 »