« 日常チョット越えの挑戦1―週末にシゴト | トップページ | 箱庭療法・結果 »

日常チョット越えの挑戦2―(ほぼ)初対面で1対1

平日は17時までしごと、週2回は習いごと、
週末はゴロゴロ、ときどき友だちと外出。

そんな日常のパターンをこなせるようになって半年。

正直なところ、いまはまだ、これでせいいっぱい。

そしてさらに正直なところ、
いまの生活にもの足りなさも感じる。

そんな思いを抱えていたこのごろですが、
ちょっとした偶然のめぐりあわせがあって、
日常生活をちょっとだけ越える2つのことにチャレンジしてみました。

ふたつめは「ほぼ初対面のひととの、1対1でのディナー」です。

彼はわたしが愛読しているブログの作者さん。
趣味から嗜好から経歴、住んでいる場所まで、
「まるでわたしの生きうつし???」なんて思うほど、
いろいろなことが共通していて、あまりに驚いたので、
ある日彼のブログにコメントを残し、そこから交流がはじまり、
昨年末は彼の主催する忘年会にまで呼んでいただいて、
一度は面通しをしていた仲でした。

先日、朝の通勤路で犬の散歩中の彼にバッタリ出会い、
そのときに「今度ごはんでも!」と約束していたのです。

とはいえ、ほとんど初対面の二人。
お互いのことをほとんど知らないので、
これまでの生活についてだとか、
好きなもののとこだとか、
いろいろ話すことはあって、
話題にはこと欠かない雰囲気で会食はスタート。

彼のほうがアクティブなタイプで、
話題の引き出しをたくさん持っているので、
わたしは主に聞き手にまわり、
要所要所で質問を投げながら3時間半ほど、話しこみました。

最初の2時間くらいは、
わたしもとても楽しい感じで
相手の話を興味深く聞いていたのですが、
実は今週のわたしはとても疲れていました。

前回の日記に書いたように、
先週末はずっと原稿執筆のしごとをしていたうえ、
習いごと(ダンス)の発表会を間近に控え、
今週はかなりシビアなレッスンもこなしていて、
こころもからだも、かなりぐったりとしていたところ、
カラ元気をかろうじて保っていたのですが、
相手は当然のことながら、
わたしがうつ病である事情も知らないわけで。

彼は某大手企業でいくつかのヒット作品を世に送り出しながら、
数年前に独立して、
いまやアジアのあちこちの国を跨いで活躍中の、とても優秀なひと。
勘も鋭く、頭脳も明晰なタイプなので、
だんだん、その回転の速さについていけなくなってきました。

いきいきとした彼に比べ、
自分のスケールの小ささとか、頭の鈍さとか、
引け目に感じる時間がだんだん増えてきて、
うまく気のきいた受け答えもできず、
「彼は実は退屈していないだろうか?」
「彼はわたしに会ってがっかりしたのではないか?」と、
頭の片隅でチラチラと考えながら、
だんだんと話にも上の空になり、
ますますマイナス思考が頭をもたげる悪循環。

新しい人と友だちになるなんて、
ほんとうに久しぶりのことだったので、
楽しかったのが半分、
自分で自分がイヤになってしまったのが半分、
そんなきもちで帰途に着きました。

このような場合、
わたしは、自分が充分に楽しめなかったことより、
相手が楽しめなかったこと、あるいは
相手にとって自分が魅力的に見えなかったことに、
ひどく落ちこむのです。今晩も然り。
そう、とても他人本位な生きかたです。

落ちついてよく考えると、
「彼だってあのとき、こんな言いかたすることなかったじゃない」とか、
「彼だって別に、他人をとやかく言えるほど完璧なひとじゃない」とか、
確かにそんな点もあったりして、
いちいち自分を責めて落ちこむ悪い癖は、
ほんとうによくないと思いました。

でも、今回のことでよくわかったこと。

わたしは新しい友人を増やすほどには、
まだエネルギーが回復していないということ。
まして、恋愛するには、まだとても準備が整っていないということ。

闘病生活はもう終わった、と思っていましたが、
決められた日常をちょっと逸脱した行動に出れば、
たちまち自分を消耗してしまい、
もとのとおりに立て直すのはたいへんなんだということを、
しっかり確認しました。

|

« 日常チョット越えの挑戦1―週末にシゴト | トップページ | 箱庭療法・結果 »

おちこむことorz」カテゴリの記事

コメント

うん。なかなか普段の生活と違う場面があると、どうしても力が入ったり、プレッシャーになったりして、うまくできないものですよね。
でも、そのうち慣れるといいですね。また、その方といろいろ交流できるといいですね。

投稿: Misty | 2008年5月 5日 (月) 07時46分

>Mistyさん
まめなコメント、ありがとうございます!

彼が「もう一度会いたい」と思ってくれるようだったら
うれしいのですけどね。
あんまりわたしがぼんやりと朴訥な反応しかできないもので、
「幼い!」って言われてしまいました……
これはもともとの性格もあるかもしれませんが。

日常の世界を楽しく広げていくには、
もっとエネルギーが必要みたいです。

投稿: nikita | 2008年5月 5日 (月) 21時10分

ここしばらく、ほかの人の書いたものを読みきる気力がなく、
かといって、ざざっと読みの読み逃げは申し訳なく、ということで、あちこちご無沙汰しております。
今夜は、まずいなぁと思いながら子供を叱り飛ばし、独りでベッドへと行くのを見送って、眼が冴えてしまった私です。
で、どうせ眠れないならと、ちょっとがんばって、コメント残しまくっております。
ああ、そうしてますます眠れない・・・明日から午前に習いものをするというのに、です。自己嫌悪中think
気になることって、ついつい心の中でリピートかけちゃいます。それを紛らわそうと気負うと暴走するし、難しいですね。

投稿: みか | 2008年5月 7日 (水) 04時59分

nikitaさん、こんばんわ。客観的に自分の状態を把握されていてすごいなぁと思って読ませて頂いてます。
趣味から嗜好から経歴、住んでいる場所まで同じっていう人はめったにいないし、そしてまぶしく映る相手と仲良くしたいなっていう気持ちすごく分かります。
と同時に、疲れたり、調子が悪い時なんかは特に、相手に自分はどう映るかとかも気になっちゃうんですよね。(でもきっと彼はさほど気にしていないんじゃないかと思います。)
半分でも少し楽しい時間ができたのはよかったです♪ 今すぐでなくっても徐々にもっと楽しい関係になれるかもしれないですよhappy02

投稿: カエル | 2008年5月 7日 (水) 22時22分

>みかさん
おひさしぶりです!
そう、わたしもだいぶオトナになるまで気づかなかったのですが、
母親だってひとりの人間。いつでも完璧ってわけじゃない。
はつらつとした娘さんだから、
ちゃんとおかあさんに愛されてるってこと、わかってるはずですよ☆
自己嫌悪にはまっちゃうときって誰でもあるけど、
まあたまにはそんなこともあるさ!
明日からは娘ちゃんに笑顔を見せてあげてください!!

>カエルさん
うつ病になるひとって、
「他人に自分はどう見えるか?」を気にしすぎるのかもしれませんね。
ある意味、自意識過剰って言うの???
それでどんどん悪い方向に考えてしまったりして、
ほんとに情けないんですけど……
次回からも、あまり気負わず、
彼とふつうに友だちになれるといいなと思います♪

投稿: nikita | 2008年5月 7日 (水) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451301/20738478

この記事へのトラックバック一覧です: 日常チョット越えの挑戦2―(ほぼ)初対面で1対1:

« 日常チョット越えの挑戦1―週末にシゴト | トップページ | 箱庭療法・結果 »