« 頭にきても怒れないことば | トップページ | ヤッタ!! の減薬・その3飛んでその4 »

音楽を、踊りを楽しむ喜び

1年前のわたしは音楽が聴けなかった。

うつ病が、いちばんひどい時期だったのです。

五感を通して自分の中に入ってくるものすべてが、
無意味になっていた時期。
いえ、無意味を通り越して、不快でたまらなかった時期。

あんなにダイスキだったすべての音楽が、
世にもおぞましい雑音に変わってしまい、
絶望のどん底に叩き落されました。

不愉快な音楽そのものよりも、
音楽をここちよいものと感じられなくなった、
自分の死んだ感性に、絶望しました。
まるで、「アナタは人間ではない」と宣告された気分でした。

数ヵ月後。病状が上向きになってくるのにしたがって、
わたしは少しずつ、再び音楽をきくことのできる耳をとり戻しました。

音楽を聴けること、ただそれだけのことが、
どんなに幸せで恵まれたことであるのかを、
わたしは全身で知ることができました。
耳に飛びこんでくるすべての音。
それは自然に流れこんでくるものではなく、
それを受け入れる感性というものを備えて初めて、
自分に快をもたらすものであるということに、気がつくことができたのです。

自分の元気に、少し自信のついた去年の夏ごろ、
わたしは自分を試すつもりで、ダンス教室に通いはじめました。

音楽を聴けるだけで、
それにあわせてからだを動かせるだけで、
人間というものはどんなに幸せなのか、
健康なひとのほとんどはその恵みにすら気づくことなく、一生を終えていく。

最初は、週に1度のレッスンに通うことだけが、
わたしを外の世界に繋ぐチャンネルでした。
たったこれだけのことでも、わたしにはせいいっぱいでした。

けれど、わたしはダンスをはじめ、めきめきと元気を取り戻し、
そのうち、しごとも再開することができ、
そして1年後のいま、なんと、人前で踊ることができるようになった。

ただ、ひたすら、
その喜びを表現すればいいんだ、と本番直前に気づいたのです……

昨日の発表会のために、3ヵ月近く、
いっしょうけんめい、レッスンに励んできました。
テクニックだとか、表現だとか、ショーアップだとか
ありとあらゆることにアンテナをはりめぐらせるよう、
たくさんのことを指導してもらいながら、
できる限りのことを身につけようとしてきました。

もちろん、本番までに間にあわず、
できないことはたくさんあった。

わたしの弱いこころは、
本番にありのままの実力を出すことを許してはくれないと、
こころのどこかで思いこんでいた。

でも、とにかく、
踊れること、
ただそのことに「ありがとう!」というきもちを込めて、
最後まで踊りきろうと決めました。

踊りが終盤に近づいて、
かっこ悪いですが、ちょっと涙がこみ上げそうになりました。

だけど、サイコウにキラキラして、快感な5分間でした。

自分って、けっこう元気じゃん! 素直にそう思えました。

|

« 頭にきても怒れないことば | トップページ | ヤッタ!! の減薬・その3飛んでその4 »

いやされること♪」カテゴリの記事

コメント

ダンス発表会、お疲れ様でした。
満足できたみたいですね。

私もダンスはしていませんが、音楽を聴くのは好きです。
調子の悪いときは、本当に雑音にしか聴こえません。
だから、せっかくの楽しみもなくなってしまったのです。

今なら、少しずつ、調子のいい時を見計らって、聴くようにしています。
少しでも楽しみたいですから。

これからもダンス、頑張って下さいね。

投稿: Misty | 2008年5月27日 (火) 07時57分

>Mistyさん
音楽がお好きなら、ダンスはかなりオススメですよ。

わたしはもともと運動神経ゼロで、
からだを動かすことがダイッキライなのですが、
やはり、頭ではなくからだを動かして、
純粋に肉体を疲れさせるってことは、
こころにとってもとてもいいことだと実感しています。

いま、わたしはヒップホップとかサンバとか、
やりたい踊りがいっぱいあって、
からだが足りなく、困ってます……

投稿: nikita | 2008年5月27日 (火) 21時57分

いい話ですね!
1年前とは比べモノにならないほど回復してるという事だよね。
音楽を聞いて楽しいとか、ダンスをして心地よいという感覚を味わえるようになったのは、すごい事だと思います。
そうして、少しずつ自分の欲するままにチャレンジしていけばいいんでしょうね。

投稿: キョロ。 | 2008年5月28日 (水) 21時28分

>キョロさん
こんばんは。
順調にリハビリが進んでいるようで、とても頼もしいですね。
わたしがアルバイトを再開したときは、
キョロさんほどスムーズじゃなかったような気がする……
すばらしいことです。

お互い、以前はシゴト全力投球な人間だったと思いますが、
せっかく、いまは無理のないスタイルで働けているので、
余った力をシゴト以外のことに向けるというのも、よいことだと思います。

いやいや、ダンスはマジいいっすよ!!

投稿: nikita | 2008年5月29日 (木) 01時25分

nikitaさんこんばんわ。カラダ動かすっていいですよね!ダンスができるなんてスゴイ!!私は元気な時にクラブで我流に踊りまくってめちゃくちゃ汗かいてってことをやったくらいしかありませんが、かなり爽快でした。(といってもダンスは難しいので周りから浮かないレベルの体の動かし方です・笑。ダンスではないです・笑)踊りがうまい人がいたりとかすると、ずっと見てしまいますもん。レッスン通おうかと思いました・笑
nikitaさん、きちんとレッスンを受けて発表されているということは、かなりレベル高いです!!キラキラできてよかったです♪そういう時間が重要ですよね。励まされます♪

投稿: カエル | 2008年5月29日 (木) 20時58分

>カエルさん
こんばんは。カエルさんにとっては、ちょっとツライ1週間でしたね。
今週は天気も悪く、ちょっと肌寒かったりしたので、
調子が落ちちゃったのは天気のせいだと思いましょう!

さてさて、わたしもまだまだダンスは全然うまくなくて、
ほんとうはひと様に見せられるレベルじゃないんですけど、
なにかの目標のためにキッチリがんばるっていう体験はひさしぶりで、とても新鮮でしたし、
なにより、本番に向き合ったときの自分の姿を見て、
病気の回復度をきっちり計れたのでよい機会でした。

それに、オトナになってからの習いごとも、
けっこうおもしろいですよ☆

投稿: nikita | 2008年5月30日 (金) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451301/21167309

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽を、踊りを楽しむ喜び:

« 頭にきても怒れないことば | トップページ | ヤッタ!! の減薬・その3飛んでその4 »