« 箱庭療法・結果 | トップページ | 音楽を、踊りを楽しむ喜び »

頭にきても怒れないことば

「その程度に元気ならば、病気ではないと思うよ」
「あなたのその性格で病気になるはずがない」
「わたしだっていろいろあってけっこうつらいんだよねー」

主治医の先生は、
たとえば親友とか、家族だとか、相手が親しければ親しいほど、
かえってうつ病患者を傷つけることばを言うものなのだと言います。

一歩引いてみてみると、
冒頭の3つのことば、
それほど腹を立てることでも、
いちいち傷つくほどのものでもないような気がしますし、
まして発言した本人にまったく悪意がないのは、重々! わかっています。

それでも、わたしにとってはとても悲しく、とても腹立たしいことばでした。

もちろん、それを表面に表すことは一切しません。
なぜならば、どんなにことばを尽くしても、
おそらく、理解してもらえることはないから。
相手は病気のことを知らないのだから、ほんとうにしかたないのだ、とも思う。
だから、相手のことは、責められない。

でも、わたしの胸のうちは、こうです。

「その程度に元気ならば、病気ではないと思うよ」
→あなたに心配かけないために、わたしがどれだけ必死な思いで「元気」を取り繕っていると思ってるの???

「あなたのその性格で病気になるはずがない」
→でも、なっちゃったんだよ。まるで病気になったことが悪いことみたいに言わないで!

「わたしだっていろいろあってけっこうつらいんだよねー」
→人それぞれにつらいことがあるのはわかるけど、健常者のつらさとうつ病のつらさはまったく質が違うんだよー

そのほか、ここには書けないようなこともいろいろ言われてきました。
そのたびに、「しかたないよね」とずっと我慢してきたのですが……

ついに見過ごせなくなるできごとがありました。
さすがのわたしも、いままで積もり積もったものがあったので、
ちょっと声を荒げてしまった。

そのショックで眠れなくなってしまって、
週末はずっと不眠でした。
ここのところあまり調子がよくて、
いろいろなことをがんばりすぎて、
ちょっとオーバーロードになっていて、
それでもぜんぜん元気を保てていたのですが、
このできごとでガクッと来てしまって。
今日はしごとをお休みしました。半年で3回めのずる休みです。

|

« 箱庭療法・結果 | トップページ | 音楽を、踊りを楽しむ喜び »

おちこむことorz」カテゴリの記事

コメント

nikitaさん、こんばんわ。最初に書かれていることをもし私が言われても、適当にあいづち打ちつつも理解してもらえない苦しさを感じると思います。特に疲れてたり、体調が悪かったりしたら相当がっかりすると思います。こっちは周りに心配かけたくなくて(私の場合偏見をもたれるのも恐くて)結構無理して明るく振舞ったりしてるんですよね。何気ない言葉や行動でも「グサっ!!!」と刺さっても何も言えないですし、仕方ない、分かってもらえない、とがっくりきますよね。そういう思いが蓄積されてくると、やっぱり心も体も疲れてしまうので、今日早い目に手を打って休まれたのは正解だと思います。あと「グサ!」と感じることが多い時は、エネルギー不足で体が疲れているからそういう思考になりやすいかもしれません。どうかゆっくり休んでくださいね。

投稿: カエル | 2008年5月12日 (月) 19時49分

>カエルさん
こんばんは。
小さなことにいちいち腹を立てる自分は、
結局、ひとに甘えたいだけなのかな? とか、
病人扱いされたいのかな? とか考えてしまって、
「相手に期待しるぎる自分」もイヤになってしまうんです。

わたしだってうつ病になる前は、
うつ病のこと何もわかっていなかったし、
理解してもらえないのは、しかたないことなんですけどね。

幸い、今日は診察日だったので先生にも話を聞いてもらい、
ゆっくり休養もできてもちなおすことができました。
ナントカ明日からもがんばっていきたいと思います。
ありがとうございます。

投稿: nikita | 2008年5月12日 (月) 21時24分

こんばんは。内容に非常に共感してます。

私は、母親に「仕事に行けるってことは、治ってきてるんだよね?」と確認するような言い方をされた時、傷つきました。
「ああ、治っていなきゃ駄目なんだ…」と。

悪意がないって分かっていても、ショックを受けることは多々ありますよね。

だからといって、病人扱いされたいのとは違って…。

多分、「自分はうつ病という病気を抱えている」という事実を認めてほしいだけなんですよね。

認めてほしいというのはわがままかな。でも事実なわけだし。


ぐだぐだ書いてしまいましたが…そんな感想です。


あ、調子が落ちて休むのはずる休みじゃないですよー!

投稿: びみょう | 2008年5月13日 (火) 01時10分

あ~、ここにズル休みしてる人発見~(*^_^*)
私も見習うぞっと。

ところで、その主治医!
精神科医とは思えん事言ってるよね~。
言ったらアカン事3連発やん。
確かに、そんな事言われたら私たちはとっても傷つくよね。
私なら何も言えなくなってしまう気がするわ。
声を荒げてしまうのなんて、全然OKだと思うよ。

投稿: キョロ。 | 2008年5月13日 (火) 12時36分

>びみょうさん
おひさしぶりです。

そうですね、特別扱いでもなく、
かといってもちろん敬遠するのでもなく、
ただ「病気だ」って事実をふつうに認めてほしいんですよね。

わたしの友人は、きっとわたしのことを気遣ってか、
病気のことにひとことも触れないでいてくれる人が多いんですけど、
別にふつうに風邪引いたのと同じく、
「具合はよくなってきた?」「調子どう?」
のひとことがほしいときも、あります。

きっと、どう接していいかわからない、というのが
大半のひとの本音だと思います。しかたないですよね。

>キョロちゃんさん
おひさしぶりです。

ことば足らずでスミマセンでした、
冒頭の3つのせりふを言ったのは病院の先生ではなく、わたしの友人です。
それを主治医の先生に訴えたところ、
「親しいひとに限ってかえって患者の傷つくことを言う」
と、説明を受けました。

わたしも日記に書けないようなもっとひどいことを言われたこともありますが、
たいていの場合は、それに対して「不快だ」というきもちを伝えられないんです。
ガツン、と不意のショックを受けた状態下、
自分のきもちをきちんと上手に説明するというのが、とても難しい。
とくにうつがひどかったころは。

お互い、ささいなことにめげず、
リハビリ&バイトで希望をつなぎましょう!

投稿: nikita | 2008年5月13日 (火) 16時10分

なるほど、なるほど~。
私の早とちりでしたね(*^_^*)
ま、素人さんなら言うかもしれないセリフだよね。
でも、やっぱり傷つくな~。

そうそう、私も不快だというようなマイナスな感情って他人に伝えられないんだよね。
心で傷ついても、顔は笑顔でヘラヘラしてしまって、全然気にしてませんよ、みたいな態度をとってしまうの。
もっと素直に感情を出せたらいいんだけどね。

投稿: キョロ。 | 2008年5月15日 (木) 16時23分

>キョロちゃんさん
そうなんです。病気のこと、知らないひとが、
あのようなことばを言った場合、
どうも責められないんですよね~
でも、やっぱりきもちはよくないです。

それを相手にもわかるように、気分を害さないように、
冷静にていねいに表現するのは至難の業!
ならば、ガマンしたほうが早いかってなっちゃいます……

投稿: nikita | 2008年5月15日 (木) 21時51分

こんばんわ~、週末です。
いかがお過ごしですか?
いやぁなことがあったなら、無理して立ち向かわなくても、
逃げたってぜんぜんOKですよ。
とか言いながら、私の場合、
その逃げた自分が、人からどう思われているか、
ついつい気になって、休めてなかったりするんですけどね。

でも、病気の時は、他人を気にしてちゃ駄目。
溜め込んでばかりじゃ、治るものも治らなくなりそうじゃないですか。
時には、心の声を言葉にして吐き出すことも必要なんだと思います。

投稿: みか | 2008年5月17日 (土) 01時46分

そういうこと、言われたら、とっても傷つくな(T_T)
けど、多分黙って聞いてるしかできないと思う。
私には反論する力もなければ、言葉も見つからないから。悔しいけど。
ずる休みじゃなく、自分へのご褒美のお休みって考えたらいかがでしょう?

投稿: Misty | 2008年5月17日 (土) 13時14分

>みかさん
そうですね、わたし、人から見ると
思う存分マイペースに生きているように見えて、
実はすごい他人を気にして生きているところ、あります。
もっと自分のこころに毒を溜めないようにしていかないと、
将来、また同じ病気を繰り返す気がする。
ネガティブな感情も、
相手を不快にすることなく、
でも、きちんと表現できるようになりたいものです。

>Mistyさん
おひさしぶりです、お加減はいかがですか?

やっぱりこういうことばに傷つくの、わたしだけではないんですね。
わたしは自分が必要以上に過敏で、
ネガティブな受け止め方をする悪い癖があるのかと、
自分を責めていました。

今回のズル休みでちょっと味を占めたので(笑)、
これからももっとこれを行使して行こうと思いますw

投稿: nikita | 2008年5月17日 (土) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/451301/20911940

この記事へのトラックバック一覧です: 頭にきても怒れないことば:

« 箱庭療法・結果 | トップページ | 音楽を、踊りを楽しむ喜び »