復帰職場で…

日常チョット越えの挑戦1―週末にシゴト

平日は17時までしごと、週2回は習いごと、
週末はゴロゴロ、ときどき友だちと外出。

そんな日常のパターンをこなせるようになって半年。

正直なところ、いまはまだ、これでせいいっぱい。

そしてさらに正直なところ、
いまの生活にもの足りなさも感じる。

そんな思いを抱えていたこのごろですが、
ちょっとした偶然のめぐりあわせがあって、
日常生活をちょっとだけ越える2つのことにチャレンジしてみました。

まず、そのひとつめは週末の「単発シゴト」です。

先々週の金曜のお昼、
知り合いのライターさんから久しぶりの電話。
聞いてみると、彼女が受けている原稿のしごとが難航しており、
どうにもこうにも締め切りに間に合わないとのこと。
そこでわたしのことを思い出し、
原稿の一部を執筆してくれないか? という内容。

なんと、締め切りはその日の深夜!

金曜日はわたしがとても大切にしている習いごとの日なので、
ほんの一瞬だけ、迷いましたが、これは渡りに船!
ライターとして何の営業活動もしておらず、
これといって実績もないわたしに、
向こうから仕事が飛び込んできた場合、
それを棒に振るのは相当なオトボケ者のすること!!

喜んで引き受けました!!

夜8時ごろしごとから帰宅し、
夕食をとってひと息ついた後、
渡された素材をひとつひとつ原稿にして、
随時、先方へ提出していきます。

結局、朝方の4時まで作業し、
残りは明日中にしあげればよいという話になり、しばし就寝。

翌土曜日の夜9時に無事、すべての原稿をUP。

先方の編集者さんの評判は上々で、
いきいきした原稿に仕上がっているとお褒めのことばをいただきました。

しかし、そのお褒めのことばは、実は
次なる原稿への前フリだったのでした!

編集者さんいわく、
実はまだ仕上がっていない原稿が山ほど残っている。
翌日の夕方までに、もう少ししあげてもらえないか? と…

このとき、わたしのなかで2人の自分がせめぎあっていました。

1人はしごと人としての、ライターとしてのわたし。
「役に立てる自分」→「責任感」「達成感」「充実感」。
これが何よりもダイスキだったわたし、
頼りにされることに、なにより喜びを覚えたりします。
おまけに、このしごとで成果を出せれば、
将来のチャンスにつながるかもしれない……

もう1人は、うつ病患者のわたし。
「断るべきときにきちんと断る勇気」。
これなくしては、うつ病知らずの自分になるきっかけは
どんどん遠のいていく……
週末を2日間も潰して、来週の自分はもちこたえることはできるのか?

でも結局、あまり迷わずして、しごとを受けてしまいました。
病前の自分が、ふと甦ったような気がしました。
賢くなれない自分に半分、あきれながら、
日曜の夕方まで、えんえんと作業を続けました。

そして、すべての原稿を書き終えたときの、
なんともいえない解放感といったら!!!
ひさびさに味わう……何ものにも変えがたい快感!!!
これが何ともいえず病みつきになって、
かつては、つらいしごとでも何でも、乗り切ってきたものです。
疲れているのにはりきって料理までしてしまい、
ビールが沁みいるようにおいしかった夜でした。

もちろん言わずもがな、
翌週のわたしは睡魔と脱力感にすっかり虜にされ、
それでも、しごとも習いごとも一度も休まず、
なんとかやり過ごしたのですが、
どっと疲れた土曜日の今日は、昼の1時まで泥のように眠っていました。
いまだ、部屋着姿でどんよりとしています……

いまのきもちは、
喜び80%、反省20%。
元気になってきたからといって調子に乗って、
「もとの自分」に戻っては、絶対にいけないのです。
「新しい自分」にならないと、傷つくのは自分自身なのですから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

きちんと会社をやめてみた

休職扱いになっていた以前の職場の、
正式な退職手続きを延ばし延ばしにしていたのですが、
やっときちんと処理してきました。

わたしをうつ病に追いやるほど雰囲気の悪い職場でしたが、
立つ鳥あとを濁さず、
きちんと挨拶もして……と思いオフィスを訪ねると、
わたしの来社については連絡が行き渡っていなかったのか、社長は不在。
まさか、知っていてわざと外出したのか? などと勘ぐってしまいました。
そう勘ぐってしまうほど、わたしは腫れ物扱いされてきたので。

そうは言うものの、
うつ病の根源になったわたしの上司とは、顔を合わせることになりました。

別にいたわってほしいわけではありませんでしたが、
彼女からは「病気はどう?」「元気?」のひと言もありませんでした。

そして、わたし自身も他人のことをとやかく言う資格はありません、
最後の場面でも大人になりきれず、
胸のなかには黒いきもちが去来して、
「お世話になりました」のひと言も言えませんでした。
あまりにも、本心を逸脱したセリフなので……

むしろ、大人気ないですが、
最後にはガツン、と言ってやりたかったのです。
「こういう結果になって、さぞかしせいせいしているでしょう?」と。
在職中に黙って笑顔で彼女のイジメに耐えていた自分を、
少しでも救ってあげたかった。

けれど、いざ彼女の顔を見ると、
「何か言ってやりたい」という思い以上に、
顔も見たくない! 口も聞きたくない! というきもちが湧き上がってきて、
彼女の顔もまともに見られず、ろくに会話も交わさず。
とにかく、一刻も早くオフィスをあとにしたかった。

うつ病になった原因を外に求めて他悪的になりたくない、
とずっと考えてきましたが、
残念なことに、彼女を恨むきもちは想像以上に強いものでした。
こんなきもちを胸のどこかにかかえたままでいるのは、
自分が毒されるようで、とても不快なのですが、
自分でも驚くほどに、がまんならない嫌悪感がこころの底に眠っていました。

いずれにしろ、これで病原のひとつとはサヨナラしました。
明日からは新しい自分に生まれ変わって、
幸せな人生を模索していく日々がはじまります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

復職第9週―しんどかったけど!

復職9週め、お正月休み明けの1週間、
ほんとうにしんどかったです。

朝はますます起きられなくなるし、
朝の「ひと駅ウォーキング」も挫折、
通勤できるようになった喜びももうとっくに失せて、
いやいやモード全開!

睡眠時間の確保を第一に考えましたが、
一週間が、ほんとうに長かった……

お正月休暇をはさんだ反動で、
こころが休まるどころか、
しごとへの嫌悪感が増し、
また症状が悪くなるかと思いましたが、
気がついてみれば復職した当初よりも
だいぶ多くのしごとをこなせるようになっている自分に気づきました。

しごとのスピードにはとくに周囲の評価も高く、
評価も上々のようです。
理解力や注意力にはやはり健常者と比べまだ問題があり、
つまらないポカミスは多いですが……

そんなわたしの現在の唯一の楽しみといえば、
ちょっと気になるあのひとに週1回、会えることですが、
今晩、自覚したのは、
わたしは相手にとってちょっと壁のある存在だということ。

わたしの悪い癖で、
気になるひとには気の無いそぶりを見せてしまうのです……

次週の挽回に、期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ずる休みは、どうか?

先週、すこしがんばりすぎたかな?

今週はときどきからだと頭がひどく重く感じ、
症状のひどかったころをちょっと思い出します。

いえいえ、よく考えてみると、
毎週、1回はそんな状態になっているかもしれませんが。

アルバイトをはじめたばかりのころは、
慣れないことの気疲れがあり、
疲れや倦怠感が出るのも当然、と思っていたので
あまり気にしていませんでしたし、
自分でも慎重すぎるくらいからだを気づかっていたのですが、
すっかりしごとにも慣れたいま、
緊張の糸が緩まって、
ほんとうの意味での疲れが出てきたもかもしれません。

こんなときはさっさとしごとを休むように、
と主治医の先生に言われていますが、
いったんしごとをはじめてしまうと、
知らず知らずのうちに、
必要以上にがんばりすぎる悪い癖が……
義務感と責任感に縛られるのがダイスキなわたし。
過去とまったく変わらないパターンをなぞろうとしていることに気がつきます。

必然性のない努力や忍耐、気づかいは
誰の役にも立ちません、
自分のためにもなりません。

明日、1日休んでみたいな……

ここのところ、毎日思うことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

退屈……ってゼイタク

しごと復帰して1ヵ月。

まともな社会人としての道へはまだまだ遠く、
30歳代にして考えもしなかったような
気楽なアルバイト勤務の身ではありますが、
いまのわたしにできるのはここまでとして。

素直に言ってしまうと、
少しずつ、退屈なきもちが湧いてきています。

1ヶ月、毎日同じことの繰り返し。
そして明日からも、これからも……

これが、いつまで続くのだろう?

いまのわたしがこれ以上を望んではいけない。
目の前の責務をきっちり果たさなきゃ。
ただそれだけで、体力的にも精神的にもいっぱいなのに。

毎日、会社を往復すること以外、
なにもできない自分がもどかしいです。

これって、身の程知らずのゼイタク!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肩に鉄の塊

職場復帰してもうすぐ4週。
実はある症状に悩まされています。

わたしはもともとマッサージ師も驚くほどの肩こりなのですが、
その重症さ加減がここ最近、加速度的に進んでいます。

オフィスのデスクが悪いのだと思い、
椅子の高さを変えたり、
パソコンの置き位置をずらしたり、
また、作業しながら首を回したりしているのですが、
そんな小手先の工夫は焼け石に水、とばかりに
なんの効果も示してくれません。

肩には鉄の塊を入れたよう、
手首をひねれば「アイタタタタタ……」、
ときには椅子に座り続けることすらままならなくなります。

ひどい肩こりもウツ病の一症状と言われているようですが、
これはいまのデスク環境のせいなのか、
ストレスのせいなのか、判定がつきかねます。

これも併せて、明日の診察で報告しなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう少し、現状打開

毎朝、早くにきちんと起きて、
てくてくと職場に行き、
1日何かをして、きちんと1日を終える。

そんな当たり前のことが、目下のハードル。

今月はアルバイトで職場復帰を果たし、
とりあえずそのハードルは越えられそうな様子。

現在のしごとはウェブのニュース配信なのですが、
作業としては、ひたすら機械的にニュース原稿を書いて、
1日のニュースをアップロードしていくこと。これ1本やり。
それ以外のやっかいなものは一切なく。

復職できたことそれ自体には満足だけれど、
このままずっと、長く続けていかれるしごとでもない。

次はもっと大人らしい、社会人らしいしごとを
どう見つけ、どう手に入れるか。
これが次のハードル。

昨晩の彼女のことばを倣って、まずは自分にできることから。

ただのニュースを配信するだけではつまらないので、
テーマを決めて、小さなシリーズ記事を書いてみました。

そうしたら、小さな現状打開が。

ニュース配信先のYAHOOから、
このようなシリーズ記事を今後も継続して配信できないか?
と、問い合わせが来たのです!

というわけで、
今日はあわてて5本の企画を何とか揃え、先方に提出。
さらに上司の指示。これから月1本のペースで連載をすることに。

与えられたしごとだけではなくて、
この職場なりにできること、これからいろいろ試してみなきゃ!

なんだかこの先にすこしだけ展開がありそうな予感がして、
ささやかながらにうれしい1日でした。

今日で3週間のお勤め達成☆

今週末は、ひさしぶりに、ゆーーーーーっくり休むぞ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガリガリ働いています!

日曜日の今日も取材のしごと。
病気のひどかったころを髣髴とさせるように、
知らず知らずに早くなる呼吸。動悸。
深呼吸と抗不安剤でなんとかおさえながら、
無事に取材を終えました。

少しずつ、少しずつではあるけれど、
冷静さをもってしごとができるようになってきている気がします。
ほんとうに、少しずつですが。

帰ってくると、まるで重い風邪を引いたような
ひどい疲れに襲われました。
ちょっと危ないと思い、2時間ほど仮眠。
夕食をとって、1時間半ほど原稿執筆。

やればこなせてしまうので、
ちょっとオーバーワーク気味になっています。

このパターンを来週、もう1回。
主治医の先生に報告したら、怒られるだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さな復帰第1週、終了

2

月曜日の初日には、とても1週間勤まるとは思いませんでしたが、
無事、復帰第1週の勤務を終えることができました。

しごとは遅いですし、
午後3時になると集中力も途切れてくるし、
ポカミスも連発していますが、
まずまずのできです。

この小さな復帰がどこまで長続きするかは別にしても、
やっぱりアクションを起こしたのはよかったと思っています。
いまのフェーズとしては、
大事を見てとどまっているよりも、
ちょっと負荷をかけて動いていたほうが
元気になってくる気がしています。

備忘録として、
ひとつ気になることは、
夜寝ている間に必ず2、3回は目が覚めてしまうことでしょうか。
早朝覚醒というのはうつ病の典型的な症状なので、
若干、気にとめておく必要があるとは思いますが、
いまのところ緊張感もあって
それほど寝覚めは悪くはないので、
いちおうよしとしておきます。

さて、日曜日の追加仕事に備えて、
今夜はたっぷり寝だめです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いきなり緊急事態、発生!

3_2

毎日、会社へ行くだけでふらふらというのに、
追い討ちをかけるように、やってしまいました……

わたし、頼まれたことはどうしても断れない質。

先月いっぱいでクローズしたはずのしごとの案件で、
急遽追加取材を依頼されたのです。
しかも、2回も。

取材をするのは週末なので、できるでしょう、
というのが先方の言い分ですが、
取材をするには事前の準備があり、
取材後に原稿を執筆し、
その後、永遠に終わらないとも思われる修正作業が続きます。

いまのわたしには、体力的にも精神的にも
これはとてもタフな状態です。

それなのに! それなのに!
なんで引き受けてしまったのだろう!!

こんな病気になると、
「自分は誰からも必要とされていない。何の役にも立っていない」
そんな思いに始終、さいなまれるのです。

だから、どんなちいさなことでも、
頼りにされるということがとてもありがたく、
それがこころの拠りどころにもなるのです。

自分のきもちを表現できず、他人にあわせ、
こういう無理を重ねることは、
うつ病にとって、ほんとうに悪いことなのですが、
学習を知らないわたしは、
また同じ事を繰り返してしまいました。

無事に乗り切れるか、神に祈るのみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)