いやされること♪

音楽を、踊りを楽しむ喜び

1年前のわたしは音楽が聴けなかった。

うつ病が、いちばんひどい時期だったのです。

五感を通して自分の中に入ってくるものすべてが、
無意味になっていた時期。
いえ、無意味を通り越して、不快でたまらなかった時期。

あんなにダイスキだったすべての音楽が、
世にもおぞましい雑音に変わってしまい、
絶望のどん底に叩き落されました。

不愉快な音楽そのものよりも、
音楽をここちよいものと感じられなくなった、
自分の死んだ感性に、絶望しました。
まるで、「アナタは人間ではない」と宣告された気分でした。

数ヵ月後。病状が上向きになってくるのにしたがって、
わたしは少しずつ、再び音楽をきくことのできる耳をとり戻しました。

音楽を聴けること、ただそれだけのことが、
どんなに幸せで恵まれたことであるのかを、
わたしは全身で知ることができました。
耳に飛びこんでくるすべての音。
それは自然に流れこんでくるものではなく、
それを受け入れる感性というものを備えて初めて、
自分に快をもたらすものであるということに、気がつくことができたのです。

自分の元気に、少し自信のついた去年の夏ごろ、
わたしは自分を試すつもりで、ダンス教室に通いはじめました。

音楽を聴けるだけで、
それにあわせてからだを動かせるだけで、
人間というものはどんなに幸せなのか、
健康なひとのほとんどはその恵みにすら気づくことなく、一生を終えていく。

最初は、週に1度のレッスンに通うことだけが、
わたしを外の世界に繋ぐチャンネルでした。
たったこれだけのことでも、わたしにはせいいっぱいでした。

けれど、わたしはダンスをはじめ、めきめきと元気を取り戻し、
そのうち、しごとも再開することができ、
そして1年後のいま、なんと、人前で踊ることができるようになった。

ただ、ひたすら、
その喜びを表現すればいいんだ、と本番直前に気づいたのです……

昨日の発表会のために、3ヵ月近く、
いっしょうけんめい、レッスンに励んできました。
テクニックだとか、表現だとか、ショーアップだとか
ありとあらゆることにアンテナをはりめぐらせるよう、
たくさんのことを指導してもらいながら、
できる限りのことを身につけようとしてきました。

もちろん、本番までに間にあわず、
できないことはたくさんあった。

わたしの弱いこころは、
本番にありのままの実力を出すことを許してはくれないと、
こころのどこかで思いこんでいた。

でも、とにかく、
踊れること、
ただそのことに「ありがとう!」というきもちを込めて、
最後まで踊りきろうと決めました。

踊りが終盤に近づいて、
かっこ悪いですが、ちょっと涙がこみ上げそうになりました。

だけど、サイコウにキラキラして、快感な5分間でした。

自分って、けっこう元気じゃん! 素直にそう思えました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

夜遊びの再デビュー

今年のささやかな目標のひとつでもあった、
“サルサ・クラブ”へのデビューを果たしてきました。

ただいま朝帰りしてじっくり半身浴をし、
パンパンに膨らんだ脚をマッサージして、ひと息ついたところです。

夜遊びに再デビューできたこと。
たくさんの知らないひとのなかに入り、彼らとたくさん踊ったこと。

うつ病歴10ヶ月のわたしにとっては、
もう奇跡みたいなできごとでした……。

昨晩の興奮醒めやらぬまま、
思うところはたくさんありますが、
うつ病患者としてここに記録しておきたいのは、ただひとつ。

わたしはこれから、生活や、人生の、さまざまなことをダンスに投影して、
自分の生きかた、こころのもちように生かしていきたいと思います。
これは、こころの健康にとって、大きな助けになることと思います。

ダンスのなかで直面することは、
そのまま人生のなかで直面すること、
ダンスのうえでの進歩は、
そのまま生きかたにおいての進歩に繋がるものなんだということを、
すこしずつ実感しはじめています。

だって、ダンスのなかに、自分の弱点が、すべて現れるんです!

わたし、いつもそのことに、ひやひやする思いでいます。

ほんとうに、こころから、もっともっと自由に踊れるようになりたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

これは恋のはじまり?!

Cimg3048

これは、恋のはじまりになるかも、しれない???

昨日はいっぱいかわいがってもらって、
頭なでてもらって、ハグしてもらいました!

その理由は、
わたしのほうが、「かわいがってもらいたい!!」って
いっぱい、いっぱい念を送ったからです。

ガンバッタ、わたし!!

ひとと親しく関わりたいきもちが生まれたこと、
それを表現できるエネルギーが持てたこと、
病気のわたしにとっては、
とても、とても、とても大きな進歩で、大きな事件です。

これが恋のはじまりに? と書きましたが、
そうならなくても、いいのです。
ただ、少しずつ、こうやって、
こころの準備が整ってくるならば、
それで、いまはいい。
(それに、やっぱりまだいまは、恋愛に飛びこむまでのエネルギーはないから)

それでも……ちょっとは……期待も、ある。

豪徳寺の招き猫ちゃんに、
幸せを呼んでもらえるように、お祈りをしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聖夜に流れる時間

Img_0030

毎年、やっぱり楽しみで、
ほんのちょっと浮き足立つ気分がくすぐったいクリスマス。

今年はそれを実感する感性を持たぬまま、
この日を迎えてしまいました。

Img_0029_2

それでも、
オーブンでチキンを焼き、
キャンドルをともし、
聖歌を流して過ごしているうちに、
だんだんとクリスマスはやってきて、
ほっこり、のどかな時間を過ごしました。

わたしのこころの平和、
世界のみんなの平安を祈って!

Img_0026
丸焼きのチキンなんて! ほんとうに母親の技はスゴイ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぎゃは! ウフ☆

21

ぎゃは! ウフ☆

デートに誘われてしまいました♪

なにがうれしいかというと、
こーーんないまのわたしみたいなひとでも、
またもう一度会いたい、
もっと話したい、と思ってもらえたこと。

結果はどうでも、よいのです。

うまく自分のことも話せなくて、
上手にひとを楽しませてあげることができない、いまのわたし。
それなのに。

元気いっぱい、好奇心いっぱいのわたしを取り戻して、
楽しい時間を過ごしてもらわないと!

これを当面、毎日の励みにします。

【写真】わたしのダイスキな、金華ハム専門店。
金華ハムは、世界三大ハムのひとつです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家族の団欒―80年代版復刻

050930_mario_cd1

弟がダウンロードしてきたWii版「スーパーマリオ」。

ファミコン時代に家族全員で大ブームのゲームでした。

あれから20年が経って、
再び、つかのまの家族団らんが復活の一夜!

あのころの屈託なく、温かかった家族の時間が
長い年月を飛び越えて、一気に甦りました。

当時は、
テレビゲームの弊害がうんぬんかんぬん言われていましたが、
いまの時代となっては、さすがに、
「ファミリーコンピューター」の名に恥じない、
アットホームで体温の感じられる娯楽です。

美しい家族の団結! おなかの底からの笑い!!

昔はルイージ派だったけど、いまはコワイのでマリオ派です。
11573051_c00b6b7539

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うたた寝……いえ、うるわしい音色の夕べ

Violin_2

しごと帰りにちょっと重い足をひきずって、
クラシックコンサートに出かけてみました。

こじんまりとした室内楽オーケストラによる、
ちょっと古典的なバッハの演奏会。

シンプルな編成で奏でられる古楽には
余分な感傷や大げさな表現はなく、
とても規律的にひとつひとつの音符を奏でて……

あまりにきもちがよくて、
半分ほどうたた寝してしまいました。

けれど、
クラシックコンサートで眠ってしまう、というのは
あながち否定的な意味ではなく、
頭もこころもほんとうにリラックスしたということ。

心身ともに空っぽになって、
芸術の森・上野の夜道を
夢見ごこちで帰途に着きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユウウツな朝の、すこしの愉しみ

Cimg3548_2

毎朝、
会社に行きたくない、
しごとしたくない、と思います。

なかなかベッドから出られない。
なかなか着る服が決まらない。
きもちはウツウツ。

そんなイヤイヤ気分の慌しい朝に、
わたしの下宿生たち(ハーブの鉢!)に水遣りをします。

水遣りをするとき、
ほんのわずかに、彼女たちの茎や葉にじょうろが触れます。

すると、どうしたことでしょう。

水遣りするわたしに応えるように、
彼女たちはかすかに、けれど必ず、
清々しい香りを朝の凛とした空気に乗せて、
わたしの鼻腔まで届けてくれます。

そのとき、毎朝のことなのですが、はっとします。
それは新鮮な喜びです。

朝って、いいな、と思う瞬間です。

【写真】紅葉まっさかりの今週。
青い空に映えてあまりにきれいで、通勤路で思わずパチリ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

我を忘れる瞬間

9月に再開したダンス教室も、
順調に通い続けています。

これをきっかけに、自分が刺激されて、
みるみる元気になるのを感じています。
それ以来、少しずつしごとをはじめ、
いまや毎日会社に通う日々です。

クラスを受講していると、
まだほんのふとした一瞬なのですが、
我を忘れる瞬間に出逢うことがあります。

そういうときには、
自分の世界にあるのは、ただ音楽と、からだだけ。

まわりの生徒、
先生の声、
自分の姿を映す鏡、
一切が意識の外へ消えていきます。

愛想笑いも照れ隠しも、
周りを気にする自分の目も、
そのすべてが、遠くかなたに押しやられます。

ただひたすらに音に身を任せて、
汗を散らしながらステップを踏むだけです。
こころは空っぽ、無になります。

瞑想に、すこし似ているでしょうか。

ただし、
ほんの少し足を踏み違えたり、
わずかに迷いが生じたときに、
この瞬間はシャボン玉のようにパチン、と消えてしまいます。

もっと踊りがうまくなり、
からだが自在に動くようになれば、
この無心の境地はもっと頻繁に、もっと長く訪れることでしょう。

あの瞬間が、サイコウなのです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャル・ウィ・ダンス?

Cimg3545

今晩は、ダンス教室主催のダンス・パーティ。

ドレスコードも、あります。
10年前に北京でオーダーメイドしたチャイナドレスでお出かけしました。

スマートな会話、
スマートなダンスの誘われかた、
スマートな踊りかた、
スマートな社交を少しでも経験できたかな……?

とにかくは、
知らないひとたちのなかで、
臆さず、疲れず、リラックスして、
楽しい時間を過ごすことができました。

こんなシチュエーションを楽しめるだけの、
こころのエネルギーが戻ってきたことも、
きちんと確認しました。

ダンス、お上手ですねって言われちゃった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)